2021-09-06 22:24:14 TikTokニュース

「TikTokってどんな使い方ができるの?」「YouTubeとは何が違うの?」と思っていませんか?



TikTokは一人でも大人数でも楽しめる仕組みが用意されており、その独自の文化から10~20代の若者を中心に絶大な支持を集めています。



YouTubeとはまた違う使い方ができるため、暇つぶしや新しい趣味を探している人におすすめです。



今回は、TikTokにおける3種類の使い方を解説します。



TikTokの使い方①投稿しないで動画を見るだけの場合



最初の使い方としては、TikTokに投稿せず動画を見るだけのケースがあります。



動画を見るだけであればTikTokにログインする必要がないため、気軽に楽しめます。



なお、投稿せずに動画を視聴するだけの場合、以下のような方法でTikTokを楽しめるでしょう。



レコメンド動画を見て楽しむ





TikTokアプリのメニューの左側に用意されているのが「レコメンド」です。



レコメンドとは「おすすめ動画」のことで、ユーザーの視聴履歴をもとに自動的におすすめ動画が検出されます。



レコメンド画面では下から上にスワイプすると次から次へと新しい動画が表示されるため、暇つぶしには最適です。



ハッシュタグで人気の動画をチェック



ハッシュタグとは、「#(ハッシュマーク)」とキーワードを組み合わせたタグのことです。



トレンドのキーワードはハッシュタグ付きのものが多いため、いま流行っている動画を探す際に効果を発揮します。



ハッシュタグ付きの動画を探すには、下部メニューの「トレンド」を選ぶことで人気急上昇中のハッシュタグ一覧を確認できます。





また、検索画面にて「ハッシュタグ」のタブを選択したうえでキーワードを入力すると、人気のあるハッシュタグ一覧が表示されるので便利です。





動画を共有して友達と楽しむ



気になった動画は自分のSNSアカウントに共有することができます。



動画の再生中に、画面右下にある「矢印マーク(共有ボタン)」をタップしましょう。





するとLINEやInstagramなどのロゴが表示されるため、シェアしたいSNSをタップします。



自分のお気に入り動画が友達も確認できるため、皆でワイワイと楽しむ場合に最適です。



TikTokの使い方②ダンス動画の振り付けを真似して楽しむ



ダンス動画の振り付けを真似したり、皆で踊って楽しむのもTikTokの使い方の一つです。



ただし、初めて見たダンスをいきなり習得するのは簡単なことではありません。



そこで、ここではTikTokダンスの振り付けを習得するコツを解説していきます。



TikTokで人気のダンスを確認



TikTokアプリで流行っているダンスを知っておけば、いろいろな振り付けを真似して楽しむことができます。



最近流行のダンスは以下の通りです。




  1. ぴょんぴょんダンス

  2. イエイエダンス

  3. フィンガーダンス

  4. フリフリダンス

  5. どどどうすかダンス



上記のダンスはTikTokで検索するとすぐに出てくるため、さっそく探してみましょう。



YouTubeでじっくりと曲を聞き込む



次に、ダンス動画をじっくりと視聴して振り付けを覚えるようにしましょう。



TikTokで人気の高いダンスはYouTubeにまとめられていることもあり、一度にたくさんのダンスの練習をしたい人におすすめです。



YouTubeには動画の尺に制限がないため、フルのダンス映像を見ることができます。



必要であればリピート再生をしてじっくりと曲を覚えるようにしましょう。



スロー再生や画面反転を活用



可愛いダンスを覚えたいけど、動画の速さについていけない。



そんなときはスロー再生がおすすめです。



ゆっくりと映像を視聴することで、細かい振り付けまで完璧にマスターできるでしょう。



また、画面を反転させることで右や左なども分かりやすくなり、ダンス習得への近道となります。



スロー再生や画面反転をするには、iPhoneの場合は「SymPlayer」、Androidなら「ウゴトル」のアプリが最適です。



TikTokの使い方③動画を撮影して投稿する



動画を見たりダンスを踊るだけでは物足りないという人には、動画を撮影する使い方がおすすめ。



TikTokに動画を投稿することで自分だけのファンを獲得したり、人気が出れば収益化という道も出てきます。



ここでは、初心者向けの動画の撮り方や編集機能の使い方を解説します。



初心者向けの動画の撮り方



動画を撮るには、ホーム画面下部にある「+」ボタンをタップします。





すると撮影モードに移行するので、モード選択や楽曲選択などの設定を行います。




  1. 撮影モード:15秒・60秒・フォトモーションからモードを切り替えられる

  2. 楽曲選択:TikTokに保存されているフリー楽曲を動画内に挿入できる

  3. メイク:顔の美肌や輪郭などの調整ができる

  4. 撮影速度:等倍・倍速・スローモーションといった調整ができる



設定ができれば画面中央下部にあるピンク色の丸いボタンをタップしましょう。





これで動画の撮影は完了です。



加工と編集も忘れずに



動画の撮影が終わると、そのまま編集画面へと移行します。



撮影後に編集できる内容は以下の通りです。




  1. エフェクト:アニメーションの動きやアクションを付け加える

  2. テキスト:動画内に文字を挿入する

  3. フィルター:色彩効果を加えたり明度や彩度を調整する

  4. ステッカー:オリジナルのステッカーを挿入する



まとめ



TikTokでは、動画を見る、ダンスの振り付けを習得する、動画を撮影して投稿するという3つの使い方があります。



最初のうちはハードルの低い、動画を投稿せずに見るだけという使い方が最適です。



TikTokにはレコメンドやハッシュタグといった機能があるため、見るだけでも十分に楽しむことができます。



徐々に慣れてきたら、ダンス動画を見たり動画を撮影するなど使い方を発展させていきましょう。

もっとも読まれているニュース
Generic placeholder image
Generic placeholder image